キャンパスライフ・カリキュラム

キャンパスライフ・カリキュラム

【コースの4年間】

【コースの4年間】

学部授業カリキュラム

大阪大学の学部教育は、共通教育と専門教育とに大きく分けられます。 詳しくは基礎工学部の教育を見て下さい。 全学共通教育科目の履修方法などが説明されています。

学びの環境

情報科学科の学生は、1年次は「サイバーメディアセンター(教育用計算機システム)」を利用して、プログラミングの基本やコンピュータ利用技術を学びます。大阪大学では、入学時に全学生に「サイバーメディアセンター(教育用計算機システム)」の利用アカウントを配布し、図書館と同じように、誰もがいつでも計算機を使用することができるようにしています。計算機はネットワークで相互接続されており、大阪大学キャンパスに設置されている超高速ネットワーク (Local Area Network) ODINS (Osaka Daigaku Information Network System)を利用して学外と接続されています。この ODINSは、1994年3月に第1期整備が完成し、以来第8期を経て、現在は成熟した超高速学内ネットワークを構成しています。 2年次以降は、計算機科学・ソフトウェア科学コースに設置された独自の計算機システム(教育用電子計算機システム)を用いて、より高度なプログラミングや利用技術を学びます。4年次の卒業研究や大学院の研究では、各研究室で、各自に割り当てられた専用の計算機を使用します。

計算機演習室 計算機演習室 計算機演習室 計算機演習室 計算機演習室(以下演習室)、学生実験室(以下実験室)に設置されている教育用電子計算機システムは、 2017年度に更新を行い、 サーバ機としてDELL社製XC630-10を5台、 利用者端末としてDELL社製 Wyse 3030 thin clientを120台で構成されています。
サーバ上では、VMware社製VMware Horizon 7というVDI(Virtual Desktop Infrastructure)システムが稼動し、その上で、利用者用仮想計算機として複数の Linux、Windows Serverを動作させています。 利用者は、演習室・実験室に設置している利用者端末から、サーバ上で動作している利用者用仮想計算機に接続し、計算機演習・ハードウェア実験を行います。

学生実験室 学生実験室 学生実験室 学生実験室 学生実験室 特徴としてVDIと呼ばれる仮想化技術を用いているため、専用に設置している利用者端末からのみならず、演習室・実験室外から、個人で所有しているPC、タブレット端末等を用いて、利用者用仮想計算機にアクセスすることが可能になっています。

各研究室では、教育用電子計算機システムとは別に、各種のワークステーション・PCが用意されており、一人一台以上の計算機を占有使用できる環境が整っています。これらの計算機もやはりネットワークで相互接続されており、ODINS を介して学外に繋がっています。
計算機科学・ソフトウェア科学コースの計算機は、ODINS を介してインターネットに接続されています。インターネットは今やほぼ全世界をカバーしており、世界の主要な大学、研究所はこれに接続しています。このワールドワイドなネットワークにより、情報科学科の学生、教職員は、世界中の研究者たちと電子メールを利用した情報交換や、WWW 等での情報取得、発信を行うことができます。
以上述べましたように、サイバーメディアセンターの教育用計算機システムやそれをとりまく学内情報ネットワークはもちろんのこと、計算機科学・ソフトウェア科学コースの計算機システムも、世界的に見てもすばらしいものであると言えるでしょう。

enPiT

「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT2)」は、全国の大学が連携して取り組む、情報系の即戦力人材を育てるための実践型教育プログラムです。
他大学の仲間と一緒に、実践的なカリキュラムで、最新のIT技術を身につけることができます。
大阪大学は、ビッグデータ・AI分野の拠点校です。また、セキュリティ分野の教育も行なっています。

MENU