大阪大学 基礎工学部
HOME カリキュラム 学部授業カリキュラム

学部授業カリキュラム

大阪大学の学部教育は、共通教育と専門教育とに大きく分けられます。 詳しくは基礎工学部の教育を見て下さい。 全学共通教育科目の履修方法などが説明されています。

学部専門科目学年配当

計算機科学コース・ソフトウェア科学コース

必修 授業科目名 毎週授業時数
選択 1学年 2学年 3学年 4学年
の別 I II III IV V VI VII VIII
  情報科学序説 2               2
情報科学基礎   2             2
  情報科学PBL   2             2
  プログラミングA 3               3
  プログラミングB   3             3
プログラミングC     3           3
  プログラミングD       3         3
  情報数学基礎     2           2
  電子回路     2           2
情報解析A       2         2
  データ構造とアルゴリズム       2         2
  情報技術者と社会           2     2
  基礎工学PBL(情報工学A)     2           2
基礎工学PBL(情報工学B)       2         2
  情報科学演習C         4       2
  情報科学演習D           4     2
  情報科学実験A     2 4         2
  情報科学実験B         3       1
  情報科学実験C           3     1
  情報科学ゼミナールA         2       1
  情報科学ゼミナールB           2     1
  論理設計       2         2
  計算機言語       2         2
  計算機アーキテクチャ       2         2
  オペレーティングシステム         2       2
  データベース           2     2
  情報ネットワーク         2     2
  言語処理工学A           2     2
  防災特論         1       1
  特別研究             8 16 8
  小    計 65
  ディジタル回路       2         2
情報解析B         2       2
  情報論理学         2       2
プログラム設計         2       2
  情報論A         2       2
A 情報論B           2     2
  計算論A         2       2
計算論B           2     2
  ソフトウェア構成論           2     2
  計算機援用工学A           2     2
  小    計 20
  数学A     2           2
数学B     2           2
  数学C       2         2
数学D       2         2
  計画数学A       2         2
B 計画数学B         2       2
  統計数学A         2       2
統計数学B           2     2
  応用数理A         2       2
  応用数理B           2     2
  応用数理C         2       2
  応用数理D           2     2
  小    計 24
  固体素子概論         2       2
マンマシンインターフェイス論             2   2
  言語処理工学B             2   2
知識工学             2   2
  計算機援用工学B             2   2
C マルチメディア工学             2   2
  計算機科学特論A             2   2
ソフトウェア科学特論A
  計算機科学特論B             2   2
  ソフトウェア科学特論B
  数値計算         2       2
  工業経営学               2 2
  科学技術論A             2   2
  科学技術論B             2   2
  小    計 24
  133

(卒業に要する専門教育科目の単位)

  1. 専門教育科目のうち必修科目 65単位, 選択科目については A群から 8単位以上, B群から 8単位以上, C群から 6単位以上, 計 87単位以上を修得すること.
  2. 指定科目以外の他学部, 他学科若しくは他コースの授業科目 又は国際交流科目若しくはコミュニケーションデザイン家屋を修得したいときには, 学科長(又はコース主任)があらかじめ認定すれば選択科目の単位として認められる.

(特別研究(卒業研究)を開始できる条件)

・平成21年度以降入学生対象の条件

  1. 共通教育系科目,専門基礎教育科目,専門教育科目について,所定の卒業要件単位のうち,特別研究を除く未習得科目が5科目以下であること.
  2. 専門教育科目について,「情報科学序説」「情報科学PBL」「基礎工学PBL(情報工学A)」「基礎工学PBL(情報工学B)」「情報科学演習C」「情報科学演習D」 「情報科学実験A」「情報科学実験B」「情報科学実験C」「情報科学ゼミナールA」 「情報科学ゼミナールB」「防災特論」を修得すること.
平成20年度以前入学生対象の条件

1〜3年次配当の授業科目について
  1. 共通教育系科目及び専門基礎教育科目について, 所定の卒業予定単位をすべて修得すること.
  2. 専門教育科目について, 1年次及び 2年次配当のすべての必修科目を修得すること.
  3. 専門教育科目について, 3年次配当の必修科目, 2年次及び 3年次配当の 選択 A群及び B群から合計27単位以上を修得すること. ただし, 必修科目については「情報科学演習C」「情報科学演習D」 「情報科学実験B」「情報科学実験C」「情報科学ゼミナールA」 「情報科学ゼミナールB」「防災特論」を含め13単位以上, かつ選択A群の修得単位と合わせて19単位以上を修得すること. また, 選択B群から4単位以上を修得すること.

ホームへ戻る 戻る ページトップへジャンプ
計算機科学・ソフトウェア科学コースの概要研究グループの紹介カリキュラム入試情報行事予定・その他